その他パーツ故障 バッテリー交換 修理事例 店長ブログ

iPhone6 リカバリーモードから抜け出せない

投稿日:

本日ご紹介の修理事例は、iPhone6 のリカバリーモードからの救出です!

これはかなり修理しごたえがありましたよ〜!

まず、最初にお電話をいただいたのですが

電源が入らなくて、充電器を繋ぐとりんごマークがついたり消えたりするんです。

そのあと、iTunesに繋ぐマークが表示されるだけで何もできません。

とのこと。ふむふむ。

上の画像のような状態のことですね。

この表示に苦しめられたことのある方、結構いらっしゃるのではないでしょうか。

今回私はそれよりも ”りんごマークの点滅”の方が引っかかりました。

一度ご来店いただき、こうなるまでの経緯を詳しく伺わせていただいた上で、症状を見せていただくことになりました。

ことの発端は三日前...

1. 急に家の充電器で全く充電ができなくなった。

2. 違う充電器に挿せば充電はできた。

3. 突然圏外になった。

このような症状が出たそうです。

そして、Apple Storeへ駆け込むと...

1. アップデートしましょう!

2. ダメなら初期化しましょう!

3. それでもダメなら本体交換します!

と言われたそうです。ちなみにこちらのお客様、

データのバックアップも

iOSのアップデータも一度もされたことがなく

iCloudのアカウントに何も情報が入っていない状態、とのこと。

つまり大切なデータは全てiPhoneに残ったままです

しかしAppleの店員さん

「アップデータできなかったので、初期化しましょう!」

とさっくり。

いやいやいやいや!ちょっと待って!

ということで、その日は持ち帰り翌日某電気屋さんへ。

そちらでは「充電はできてるみたいですね」と言われたそうです。

(ちなみにこの「充電はできてるみたいですね」発言は修理後未だに謎です...

画面がついているからそう判断したのかな?という感じ)

しかし完全にお手上げ、その後当店にご連絡くださったという流れです。

「あれ? いつ、iTunesに繋ぐ画面になったんですか?」

と伺うと

Apple Storeに行った後からです」と。

なるほど。なんだか全ての辻褄が合いました。

この画面になってしまったiPhoneは ”リカバリーモード”に入っている状態です。

リカバリーモードとは、強制的にiPhoneの初期化が必要になる状態のことです

iPhone、iPad に以下の問題が発生した場合に、リカバリーモードから復元を行うことで問題が解消する場合があります。

・パスコード不明でロック解除ができず、かつ「iPhone(iPad)を探す」がオン、またはパソコンに接続したことがない。

・充電しても電源が入らない。(または、Apple マークが表示された状態から動かない)

・再起動されるが、ホーム画面が表示されない。

・iOS アップデート中、または通常の復元中などに問題が起こり、自動的にリカバリモードになっていた。

結果的にですが、今回は”iOS アップデート中に問題が起こり、自動的にリカバリモードになっていた”ようです。

そう、Appleの店員さん、アップデートに失敗したんです。

なのでiPhoneが「ぼくのこと初期化したら動くようになるよ〜」と訴えているわけですね。

なぜ失敗したのか?というところですが、Apple Storeに行く前に充電ができなくなっていたとおっしゃっていました。

アップデート云々以前に、充電器を挿すドックコネクタ部分の故障か、もしくはバッテリーが劣化していた可能性が考えられます

「とりあえず写真と動画さえ取り出せれば...」ということでした。

大事なデータが入ったiPhoneをお預かりして、まずはお店のPCに繋いでみると

・iPhone側はりんごマークがついたり消えたり

・PC側はiPhoneを認識していない

こんな状態でした。

そこでドックコネクタを交換してみましたが、状況は変わらず。

次にバッテリーを交換してみました。

すると!

PC側がiPhoneを認識しました!

iOSのアップデートを促す画面が出てきました。

”iPhoneをアップデートできない場合は、工場出荷時の状態に復元する必要があります”

そして祈りながらアップデートを開始すると...

きたー!!

このまま無事アップデート完了し、元に戻りました

ですので結果的に、今回の修理作業はバッテリー交換のみ!でした。

ただずっとアップデートをされていなかったのが原因だと思うのですが、動きが重かったりしました。

そういう時はまずしっかりとデータのバックアップを取ってから、一度iPhoneを初期化してみることをオススメいたします^^

かなり複雑な状態だった今回のこのiPhoneに何が起きていたかと言いますと

(私の予想ではありますが)

1. 過充電や寿命によるバッテリー劣化に加え、何年もiOSをアップデートしていなかった為に充電障害と電波障害が併発してしまった。

(iPhoneは、一箇所の故障がまた違う部分の故障を誘うことがよくあるんです。精密機器ですからね。人間も同じですよね。)

2. Appleの店員さんがアップデートを行なっている最中に、バッテリーの不具合でiPhoneの電源が落ちてしまった。

(充電に不安がある状態で無理やりアップデートを強行することはやめておいた方が良いです...)

3. アップデートに失敗したのでリカバリーモードに入ってしまった。

(しかもアップデートしてなかったということで、iTunesのマークが昔のアイコンでした、あの赤いやつ。)

4. バッテリーがダメなので、充電器に繋ぐとりんごマークがついたり消えたりしてしまう。

(通電できたりできなかったりを繰り返している状態だと思われます。)

ということだったんですね。

 

iPhone6 バッテリー交換 ¥6,500

予約割▲¥1000

オープン記念割▲¥1000

ということで今回の修理のお会計は4,500円(税別)でした。

さらに、強化ガラスフィルムを無料で貼り付けさせていただきました^^

復活して本当によかったです。お客様にもとても喜んでいただきました!

お返しの際、iCloudへのバックアップ方法やiOS、アプリのアップデート方法などもご案内させていただきました^^

操作方法でも、本当になんでも!お困りの際はお気軽にご連絡いただければと思います^^

また、同じような症状でお困りの方がいらっしゃったらこの記事が少しでもお役に立てれば幸いです^^

-その他パーツ故障, バッテリー交換, 修理事例, 店長ブログ

Copyright© iPhoneWorks , 2018 All Rights Reserved.